心に平穏を。。

社会不適合かもしれない。ハタチの大学生が書くスペクタクルストーリー

ふっヒャアア、起業するぜ!- E-Residency申請してみた。

まだシンガポールにいるけどそろそろ帰って大学の研究室にこもってひたすらダークウェブについて研究したいハタチのラスタマン(になりたいマン)です。

 

 

 

 

■e-residencyとってみたお

最近、とりあえず企業してえなあーっと思い早く日本に帰って法人登記しようと思っていたのですが、まだシンガポールから日本に帰れないし多分大学卒業後はどっか違う国に行くだろうし、「日本で会社たててもなー」っと思っていました。

 

じゃあどうしよっかな、と考えてるうちに、「あ、そういえばエストニアがe-residency」とかいう誰でもエストニアの電子居住権取れるサービスを出してたな」とふと思いました。

早速、e-residencyサイトに行って、Become an e-residentをクリック。

f:id:mjloveyeah34785:20170914154753p:plain

 

やべー!100ユーロで申請できるのか。

所持金現在300シンガポール$で日本の口座は財布無くして停止してるので。有り金の7分の3くらい出せば取れるということを知って安心(いや、お前シンガポールで生活できないだろ......)。

まあそれはさておき、パスポート情報と首から上の顔写真、現在地の住所、戸籍上の住所、その他e-residencyへのモチベーション3000語以内などを記入して、提出ボタンをクリック。

 

以上で簡単に申請できました。超簡単でした。

 

その一ヶ月後、一通のメールが。

f:id:mjloveyeah34785:20170914161002p:plain

 

どうやら北京から出張でシンガポールまで来て、e-residentカードを渡してくれるそうです。次の受け取りは3ヶ月後。。。

 

早速、チケットをピックアップしました。

そして早速、家に帰ってe-residencyのサイトに行ってStart a companyをクリック。

f:id:mjloveyeah34785:20170914162136p:plain

ふむ、次の段階はバーチャルアドレスをとることだな。

あとはエストニアで銀行口座を開設しなければいけません。

今まではEUの規制で、ヨーロッパで銀行口座を開くには名義人が支店に直接行かなければいけませんでした。。

けれど今はHolviという超画期的なやばいサービスによって、そういったe-residencyのメリットを阻害する規制を掻いくぐることができるのです。

やばいですよね。

Holviでの銀行口座申請は35ドルでできます。それもやばいですよね。

まあとりあえず全て解決できそうです。

次回はリーガルアドレスを取得し、オンラインバンクアカウントも全て取得し、法人登記まで済ませたら、e-estoniaスタートアップ起業のスタートです。

 

 

■何しようかなー

今考えてるのは

1. 「社会なんて大嫌いだ!俺たちの居場所はそこじゃない!ダークウェブとブロックチェーンを活用した超絶クローズドコミュニティを作るプラットフォーム

2.「少しの暇な時間を人との出会いに利用しよう!忙しい人のためのGPS出会いサービス

3.「子供達よ、お小遣いの奴隷になるな!未成年の暗号通貨教育

etc............

まあそんなことで、、、

 

とりあえずスケッチでプロトタイプ作成するのと、Go言語をどんどんつけるようになってブロックチェーンのプロになろう。

 

これからあげてく記事は

  1. e-residencyについて
  2. Go言語学習足跡
  3. スタートアップ迷走日記
  4. 社会から逃げたい。。じゃあどうしようか。。

についてかな。

 

 

PS.基本仕事がしたいというより心に平穏をもたらすためにどんなものが必要かを考えてスタートアップを試みたいな。。

日本のスタートアップのミーハー感は好きじゃない。。

俺は自分の居場所を作りたいだけなんだ。。

 

以上です。散文にお付き合い頂きまして、あなたの時間を奪ってしまってほんとすみません。。。。。死にたくないなあ。。

なんで俺シンガポールにいるんだろ。。

初めまして。

シンガポールで現在インターンシップをしております。

RAGMANです。

 

一応、大学は千葉大2年次ですが、今現在休学をしておりまして単身シンガポールにきています。

 

まあなんでシンガポールインターンしているのかと言われたら、「気まぐれです」というしかないのですが、、、、

 

まあ後づけ理由としては、「将来自分でスタートアップ企業を立ち上げて世の中を変えるために、世界中の天才やすごい人たちに会うため」と言えますね。

 

それで有給のインターンシップを見つけて、稼ぎながら滞在しようという結論に至りました。

 

けど最近思うのです。

 

 

もう起業してえ。。。。。


 

ということで起業への道がスタートしました。

じゃあまず何しようかなと考えたところ、やはりプロトタイプぐらいは作れるようになりたいと思い、Ruby on Railsを学び始めました。それとともに体系的にプログラミングを学んで真に知識を身につけるためにGoというGoogleが開発しているプログラミング言語を学び始めています。

こういうことを考えていると「なんでシンガポールにいるんだろ。。。」となるわけですが、まさにシンガポールにいる意味が今見いだせていません。今すぐにでもプロダクトを作りたいのですが、今の所持金は100シンガポールドル(8100円)。もはやシンガポールで生きていくお金もありません。まあ僕自身は野宿をしたりコワーキングスペースで寝泊まりすればいい話なのですが、プロダクトを開発するとなると、僕だけではできません。

「マジでどうしよう。。もう日本帰ってプロダクトに専念しようかな。。」とほぼシンガポールにいる意味が見出せない状態にいました。しかしながら本来11月末までいる予定で、かつシンガポールにいる本来の目的は多様なネットワーキングだったためにこのまま引き下がるのも癪に感じました。

よしそれならシンガポールにいながらエンジニアを探して、リモートワークプロジェクトチームを立ち上げよう!ということに決めました。そういうことで今動き出しています。そしてとりあえずVALUを始めました。
こちらが僕のVALUです。Junya Chi Kob

資金がない中で、かつ大きな資金調達もなかなかできない現状。このようなVALUなどを使って支援者を募ることができる世の中に感動しました。まだ僕のVALUは未成長段階ですがVALUクラウドの力を使って、世界中に散らばった人材をリモートで集めてプロダクトを作ることができる。そうした時代を作って生きたいと思っています。

いうならば「自分の同僚はリアルで顔を合わせたことはないけれど、みんな信頼しているし、すごい大事なメンバーだ」
そういうチームワークがこれからの分散社会に必要な形だと思います。そうしたチームを作るためのプラットフォームを今後作っていきます。

これからこのブログを引き続き運営していこうと思っているので読者の皆さんよろしくお願いいたします!
Junya Chi Kob